2006年06月05日

お部屋晒し.com2

気になる他人のお部屋をチェックできるブログ。

「モダン」、「アジアン」、「和」等、テーマ事に分類されていて
見やすくなっています。

インテリアの参考になる良いブログですね。
→ お部屋晒し.com2
posted by Mts! at 00:55 | TrackBack(0) | インテリア関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

組み立て式会計:イケア (IKEA) の不思議な企業構造

2006-05-24-02.jpg

「ゲイツ財団なんか忘れよう。世界最大の慈善団体はイケア (IKEA) の所有者でもある――そしてインテリアデザインにご執心だ。」という記事。

ちょっと前に、日本にも第1号店をオープンさせた組み立て家具販売の「イケア」。
特集されていたTV番組を見た事があるのですが、ここの会社はすごくケチなんだそうです。すごく古い車に乗っていて「なぜお金持ちなのに古い車に乗っているんだ?」と聞かれると「私の車はまだまだ新品同様だよ。まだ○年しか経っていないんだから」※すみません年数忘れました。
と答えたそうです。

お金持ちなんだから、お金を使って下さいよ(笑

イケア (IKEA) からの組み立て式家具を組み立てるほど頭にくる作業はなかなかない。だが、この世界最大の家具小売企業の会計を連結するのに比べれば、家具の組み立て作業ですら簡単なものだ。イケアの実に見事な小売り方式については、すでにいろいろ文献がある (訳注:かなりぬるいが「イケアのローコストの秘密」などをどうぞ)。弊誌は、それに負けず劣らず驚異的な同グループの財務について調べてみた。

 そこから見えてくるのは、各国の法制度のちょっとした歪みを抜け目なく利用して慈善団体を作る手口だ。この団体はかなりどうでもいい目的を掲げており、財団としては世界で最も豊かなのに、今のところ最もケチな慈善団体の一つでもある。イケア全体の仕組みは税金と情報公開を最小限におさえ、創立者であるカンプラード一家にたっぷりと報酬をもたらし、乗っ取りに絶対あわないようにするものとなっている。そしてこれがあまりにうますぎる話に聞こえるなら、その通り。この仕組みを崩すのはきわめて難しい。こうした抜け目なさによるメリットには代償もあり、同店の創設者イングヴァル・カンプラード の後継者ですら、イケアを思い通りにはできないという大きな制約がついてくる。


→ 組み立て式会計:イケア (IKEA) の不思議な企業構造
http://cruel.org/economist/ikea.html
posted by Mts! at 00:06| Comment(0) | TrackBack(6) | インテリア関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ウェブ進化論
本当の大変化はこれから始まる
国家の品格 グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する
ウェブ進化論 国家の品格 グーグル―Google<br>既存のビジネスを破壊する
[価格] ¥777
[著者] 梅田 望夫
[価格] ¥714
[著者] 藤原 正彦
[価格] ¥798
[著者] 尊々木 遜尚
新着記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。