2006年06月28日

警視庁、隣接の建物に誤って突入 女子大生誘拐

恐ろしいこの事件の裏側で、こんな昭和のコント的出来事が(笑

まぁ無事だったんで良かったですね。
警視庁は当初、果菜子さんが監禁されていたマンションを隣の3階建てマンションと間違え、捜査員が同じ「305号室」に誤って突入していた。

 犯行車両をひそかに追尾していた警視庁は、26日午後7時35分ごろ、車を降りた男がこの3階建てマンション周辺に出入りする姿を、気づかれないように数百メートル離れた場所から確認。

 27日午前0時40分すぎ、JR川崎駅前で車に乗っていた李勇ら2容疑者に職務質問したところ、李容疑者が「(果菜子さんは)川の近くのマンション305号室にいる」と供述したため、警視庁はこのマンションの疑いが強いと判断。捜査1課特殊班の捜査員をこのマンションに突入させた。

 同室に住む無職の男性(63)によると、部屋で絵を描いていたところ、施錠したはずのドアから私服姿の7、8人の男らがいきなり室内に踏み込んできた。

 焦った様子で「女はどこだ」と声をあげて入ってきたので「何ですか」と答えると、押し入れを開けたりして2分ほど室内を“物色”。「ここじゃない」と言った後、「あまり言えないけど人命にかかわることだった。申し訳ない」と謝って部屋から立ち去ったという。

→ 警視庁、隣接の建物に誤って突入 女子大生誘拐

blog_ranking.gif
posted by Mts! at 01:51 | TrackBack(1) | お笑い│面白い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19949479

この記事へのトラックバック

女子大生誘拐 無事保護
Excerpt: 女子大生誘拐、無事保護 監禁容疑で男3人逮捕 警視庁 (朝日新聞) - goo ニュース 昨日火曜日は休みなので割とゆっくり7時に起きてTVをつけるとなんと「女子大生誘拐、無事保護」の顛末 犯人と思..
Weblog: 王様の耳はロバの耳
Tracked: 2006-06-28 07:57
ウェブ進化論
本当の大変化はこれから始まる
国家の品格 グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する
ウェブ進化論 国家の品格 グーグル―Google<br>既存のビジネスを破壊する
[価格] ¥777
[著者] 梅田 望夫
[価格] ¥714
[著者] 藤原 正彦
[価格] ¥798
[著者] 尊々木 遜尚
新着記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。