2006年08月16日

ゲド戦記原作者がお怒りの模様

ゲド戦記の原作者が、怒っているそうです。

宮崎駿氏に依頼するつもりが、息子の吾郎氏がメガホンを取る事に。
出来上がった作品は、原作からかけ離れた物になっていたそうです。

吾郎氏のブログには、原作者にも喜んでもらえたと書いてありましたが、言葉の真意を拾い上げる事が出来ていなかったようです。

正直、私はこの「ゲド戦記」というお話を知らなかったんですが、
海外での原作の知名度から言うと、宮崎駿さんが担当するべきだった様な気がします。

もちろん、息子の成長を期待しての事だとは思うのですが・・・。
自著が映画化されるにあたって、ほとんどの作家は何の影響力も行使できません。
契約書にサインした以上、原作者は存在しないも同然というのが一般的な原則であって、creative consultantのような肩書きは無意味なのです。
フィルム作品を作家(脚本家は別として)のものと考えないでください。
原作者に「なんであれは・・・」といった質問をしないでください。
原作者自身も戸惑っているのですから。

→ ゲド戦記原作者がお怒りの模様

blog_ranking.gif
タグ:アニメ
posted by Mts! at 01:43 | TrackBack(0) | お笑い│面白い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ウェブ進化論
本当の大変化はこれから始まる
国家の品格 グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する
ウェブ進化論 国家の品格 グーグル―Google<br>既存のビジネスを破壊する
[価格] ¥777
[著者] 梅田 望夫
[価格] ¥714
[著者] 藤原 正彦
[価格] ¥798
[著者] 尊々木 遜尚
新着記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。