2006年06月13日

Google、ユーザの知識で検索体験を改善するGoogle Co-opなど4製品を発表

Googleが恐ろしいサービスをどんどん発表しています。

  「便利になるのが怖い。」

そんな気分です。
米Googleは2006年5月10日、開催された「Google Press Day」において4つの新製品を発表した。発表されたのはGoogle Co-op beta、Google Desktop4 beta、Google Trends、Google Notebookの4つ。

Google Co-opはユーザーが互いに所有する知識を提供・共有しあうことでGoogle検索体験を改善するコミュニティサービス。組織や企業、個人が提供する専門分野に関連したコンテンツを購読することで、関連するキーワードで検索した際にそのコンテンツが検索結果画面に表示される。例えば関節炎に関するWeb ページに注釈をつけリンクを集めている医者のコンテンツを購読すると、関節炎に関連する検索を行った際に症状や対処法などの情報が検索結果画面に表示される。

第1段階としてGoogleはパートナーと協力して健康や都市ガイドに関するWebページの注釈付けを行っており、レストランや映画情報などの情報リンクを提供するとしている。Google Co-opは現在オーストラリアや英国、カナダ、ニュージーランドを含む英語圏のGoogleサイトで利用可能だ。

Google Desktop 4 betaはデスクトップ検索ソフトの最新版。新たにデスクトップに常駐する小さなアプリケーション「ガジェット」を提供。天気やニュース、カレンダーなどの情報を表示することができる。また他PCのデスクトップ検索が可能になる一方でプライバシー問題の物議を醸したSearch Across Computersの機能をネットワーク管理者がオフにできるようにした。

Google TrendsはGoogleで検索されている数十億の検索クエリの過去数年の検索ボリューム推移やクエリ発生地域・言語などのトレンドを閲覧できるサービス。入力した検索キーワードに関連するニュースもあわせて表示される。

Google Notebookは閲覧したWebページに対するメモをオンラインに残せるサービス。テキストやリンクのほか画像をクリップすることができる。保存は Googleサーバに行われるため自宅と職場のPCで同じメモを参照することもできる。また記録したメモは他ユーザーに公開可能だ。


Google Co-op
http://www.google.com/coop

Google Desktop 4
http://desktop.google.com/

Google Trends
http://www.google.com/trends

Google Notebook
http://www.google.com/notebook

→ Google、ユーザの知識で検索体験を改善するGoogle Co-opなど4製品を発表

blog_ranking.gif
posted by Mts! at 02:07 | TrackBack(0) | IT関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

郵便強盗、容疑者が自首…「返金したが、後悔消えず」

郵便局に押し入って現金34万円を奪って逃走した犯人が、後悔の念が強くなって奪ったお金に1万円プラスした35万円を返却していたという事件の続報です。

なんとこの犯人、彼女にさとされて「キレイな体になりたいと」自首して来たそうです。

私が大岡越前なら間違いなく「無罪放免」にしてやるところですが・・・。
そんな粋な計らいはしてもらえないでしょうから、罪を償って立派に更生してもらいたいですね。

 「がんばれ!」
警視庁立川署は11日、東京都国立市の国立東郵便局に押し入り、現金34万円を奪ったとして自首してきた東京都国分寺市内藤2、会社員三石賢二容疑者(33)を強盗容疑で逮捕した。

 同局では5月30日、マスクで顔を隠した男が現金35万円入りの茶封筒を局員に渡して逃げる騒ぎがあり、三石容疑者は「後悔の念が強くなって返しに行ったが、後悔の気持ちが消えなかったので、自首した」と供述しているという。

 調べによると、三石容疑者は3月29日、同局に押し入り、女性局員を刃物で脅し、現金をリュックサックに入れさせて奪って逃走した疑い。

 三石容疑者は調べに対し、事件後、交通事故に遭って示談金を手にし、盗んだ現金の残りと合わせ計35万円を返したと説明。1万円多いことについては「悪いことをしたので、おわびのつもりで上乗せした」と話しているという。

→ 読売新聞 - 郵便強盗、容疑者が自首…「返金したが、後悔消えず」

blog_ranking.gif
posted by Mts! at 02:02 | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた宇宙の画像いろいろ

20060614-02.jpg

「うぉ〜こりゃスゴイですねぇ〜感動します。」

「宇宙」ってやっぱり人をわくわくさせる不思議な力がありますよね。
圧倒的なパワーを感じます。
むちゃくちゃたくさんあります。

Hubble Heritage Gallery of Images
http://heritage.stsci.edu/gallery/gallery.html

壁紙バージョンは以下にあります。


HubbleSite - Wallpaper
http://hubblesite.org/gallery/wallpaper/

ちなみにこのカラフルな色は勝手に想像で決めたわけではなくて、ちゃんと以下のようなフィルタの原理に基づいて決定されています。

→ ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた宇宙の画像いろいろ

blog_ranking.gif
posted by Mts! at 01:57 | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドリコムの見る戦略的キーワードは「SaaS」「ソーシャルDB」「ロングテール」

20060614-01.jpg

なんだか、安易に「Web2.0」とか言う人の事がすごく胡散臭く感じる様になってしまいました。
とは言え、Web業界のトレンドともいえるこの流れは無視できないと思いますので、うまく流れに乗っていける様にしたいですね。
2006年2月9日、東証マザーズに上場したドリコム。そのドリコムがIPO後の戦略として目指す方向性はどういうものなのか。5月25日に開催されたNew Industry Leaders Summit(NILS)にて、「ドリコムPost IPOの経営戦略」と題したセッションが開催され、同社 代表取締役の内藤裕紀氏がインターネット業界のトレンドと共に同社の戦略を語った。

 同セッションでモデレーターを務めたのは、ネットエイジグループ代表取締役社長の西川潔氏。第1次ネットベンチャーブームともいうべき1990年代後半に、数多くのネット起業家を生みだしたことで注目を浴びた人物の1 人だ。ドリコムの内藤氏にとって大先輩とも言える。その西川氏を前に、まず内藤氏がプレゼンテーションを披露した。

Yahoo!のIPOから10年

 内藤氏は、1996年に米Yahoo!がIPOしてから10年たった今、インターネットの世界が変わりつつあることを指摘した。内藤氏がその変化の一例として挙げたのは、Yahoo!が2005年3月に写真共有サービスを提供するFlickrを買収したことや、同年12月にソーシャルブックマークサービスを提供するdel.icio.usを買収したこと、また2006年3月には、Googleがインターネット上でワープロソフトをサービスとして提供する企業Writelyを買収したことなどだ。

 こうしたサービスを提供する企業は「Web 2.0企業」というカテゴリーで見られているが、内藤氏は「Web 2.0という言葉よりも、今この業界で起こっているトレンドを話したい」として、現在のインターネット業界で起こっている流れを3つにまとめた。

 その流れとは、1)ソフトウェアがデスクトップ上からインターネット上へとシフトしつつあること、2)新しいインフラとしてソーシャルデータベースが確立されつつあること、そして 3)インターネット広告におけるロングテール理論が証明されつつあることだ。内藤氏は、これらの業界トレンドについて説明し、ドリコムもこうした方向性を持って戦略を立てているとした。

ソフトウェアの形態の変化--SaaS

内藤氏がまずひとつめのトレンドとして指摘したのは、ソフトウェアがPCのデスクトップにインストールするものから、インターネット上のサービスへと移行しつつあることだ。つまり「Software as a Service」(SaaS)である。内藤氏は、Googleに買収されたWritelyをはじめ、オンライン表計算ソフトを提供するNum Sum、オープンソースのコラボレーションツールを提供するZimbraなどをSaaS企業の一例として挙げた。

 また内藤氏は、2005年11月にMicrosoftが「Windows Live」と銘打ってソフトウェアをインターネット上のサービスで提供すると発表したことにも触れ、「巨人までもが動き出した」と、SaaSへの動きが本格化していることを指摘した。

 ドリコムとしても、この動きを見逃してはいない。同社はすでに、社内情報共有やコミュニケーションツール「ドリコムブログオフィス」や、企業サイトの構築・管理ツール「ドリコムCMS」をASP形式で提供している。

 「ソフトウェア市場にパラダイムシフトが起こっている。ドリコムとしてもこの分野に積極的に進んでいきたい」と、内藤氏は同社の方向性を語った。

→ ドリコムの見る戦略的キーワードは「SaaS」「ソーシャルDB」「ロングテール」

blog_ranking.gif
posted by Mts! at 01:50 | TrackBack(0) | IT関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガソリンの値上がりは続くの?

ガソリン価格はこのまま上昇し続けるんでしょうか?

このところの家計を苦しめる原因の一つ。
ガソリン価格の高騰は、今後どうなるのでしょうか?

折角、上向いて来た(?)景気にも悪影響を与えかねない問題なので
早く、落ち着いて欲しいものですね。
原油価格の高騰を背景に、この1年間、ガソリンも大幅に値上がりしました。値上がりは、まだ続くのでしょうか? 地域やスタンドによって値段が違うのは、なぜなのでしょう。ガソリン価格についてまとめました。【須佐美玲子】

 ◇Q・ガソリンの値上がりは続くの

 ◇A・原油高騰の転嫁進まず、一段高の可能性も

 経済産業省所管の石油情報センターによると、ガソリンの店頭価格の全国平均は、5日現在、レギュラーで1リットル=136円(消費税込み)です。湾岸戦争中の91年1月28日以来の高値が5週続いています。この1年で12円も、値上がりしました。

 Q 値上がりの原因は?

 A ガソリンの原料となる原油が値上がりしたからです。原油価格の国際指標になっているWTI(米国産標準油種)をみると、1年前は1バレル(=約159リットル)当たり50ドル台前半でしたが、今では70ドルを超えています。約2年で倍近く上がり、なかなか下がらない、高止まり状態が続いています。

 Q 高止まりということは、ガソリンもこれ以上は上がらない?

 A そう単純にはいかない事情があります。石油会社は、中東を中心とする産油国から原油を買い、それを精製してガソリンや灯油などを作っています。原油が値上がりすると、その分を上乗せした値段でガソリンスタンドなどに製品を卸しています。

 例えば、最大手の新日本石油は、05年1月から今年6月までの間に、ガソリン1リットル当たりの卸値を合計で25・7円、上げましたが、この間のレギュラーガソリンの店頭価格は全国平均で19円しか上がっていません。よって、原油の値上がりが止まっても、この価格転嫁がもう少し進むまでは、店頭価格の上昇が続く可能性があります。

 Q なぜスタンドは仕入れ値の上昇分を上乗せできないの?

 A 店の数が多く競争が激しいため、「値上げすれば客を奪われる」と恐れて、上げられないのです。近接する他店見合いで価格を決めており、出店競争が厳しい群馬県では、1リットルが131・8円と、全国平均を大きく下回っています。一方で、運搬費用が高い離島を多数抱えた長崎県は144・9円と割高で、地域間格差は広がっています。

 Q 原油価格は2年で倍近く上がったというけど、ガソリンはそこまで上がってないよね?

 A ガソリンには複数の税金がかかっています。店頭価格が1リットル=130円だと、このうち約62円分が実は税金なのです。原油の輸入の際にかかる「石油石炭税」(2・04円)、製品段階でかかる「ガソリン税」(53・8円)、さらに小売り段階の消費税(6・2円)です。これら税金を除いた部分が、原油代(船賃と為替費用含む)、精製費用、国内の運搬費用、石油会社やスタンドの利益となります。ただスタンドの多くは仕入れ値上昇分の転嫁すらできておらず、石油会社も実際は、公表値ほどの卸値の値上げができていないようで、利益はほとんど得られていないのが現状です。

→ 経済サプリ:ガソリンの値上がりは続くの−話題

blog_ranking.gif
posted by Mts! at 01:42 | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SDI、業界初「Winny」の検出・停止機能付き指紋認証USBメモリ

セキュアデザインは指紋認証付きで「Winny」「Share」「WinMX」「うたたね」といったファイル共有ソフトをストップさせるUSBメモリを発売するという記事。

Winny対策のビジネスが沢山動き出していますね。
大きな会社になればなるほど、こういうモノも必要になってくるんでしょうか。

っていうか、会社のPCにファイル交換ソフトをインストールしようとしている人の意識改革が先だと思うのですが・・・。
セキュアデザイン(SDI、高橋諭社長)は、指紋認証付きUSBメモリ「ITube」ファミリーの新製品「Winny Lock」を7月中旬に発売する。業界で初めて「Winny」などのファイル共有ソフトの検出・停止機能を搭載する。価格はオープンで、実勢価格は2万5000円前後の見込み。

 指紋認証付きUSBメモリに「Winny」「Share」「WinMX」「うたたね」などのファイル交換ソフトを検知・停止できる機能を盛り込んだ。メモリをパソコンに挿すと、そのパソコンでファイル交換ソフトが起動していないか検知、万が一、起動していた場合は、そのソフトを停止させる。メモリはファイル交換ソフトが停止するとスタンバイ状態になり、指紋認証による本人確認の後、初めて利用できる。

 暗号化ソフトを内蔵しているため、機密情報の保管庫として使用することも可能。メモリ内に保管されたファイルは指紋認証と暗号化で保護され、登録者以外が取り出すことができないため、盗難や紛失のリスクも回避できる。

 対応OSはWindows XP、2000。容量は256MBで、うち約190MBがユーザーエリアとなる。USB規格はUBS2.0に対応、パスパワーで動作する。製品は代理店を通じて販売し、同社では初年度に2億円の売上を目標としている。

→ SDI、業界初「Winny」の検出・停止機能付き指紋認証USBメモリ

blog_ranking.gif
posted by Mts! at 01:38 | TrackBack(0) | デジモノ・家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

起業意欲衰えず 「尊敬する人」堀江被告は4位 立教大調査

ホリエモンは「尊敬する起業家」の第4位−。立教大学(東京都豊島区)が学生を対象に行った意識調査で11日、こんな結果が出たそうです。

これだけの騒ぎになっても、人気が衰えないのはある意味凄いですね。
ライブドア事件でも学生の起業意欲は衰えず、前社長堀江貴文被告(33)は「尊敬する起業家」の第4位−。立教大学(東京都豊島区)が学生を対象に行った意識調査で11日、こんな結果が出た。

 アンケートは5月中旬、企業経営に関する講義がある同大の経営、経済、社会の各学部に在籍する学生789人を対象に実施した。

 就職数年後も含め、卒業後に起業を考えている学生は約4人に1人に当たる27%。ライブドア事件の起業意欲への影響については、「減退しない」と答えた学生が89%に上り、11%だった「減退した」との回答を大きく上回った。

 尊敬する起業家トップは松下電器産業創業者の松下幸之助氏で113票。2位はソフトバンクの孫正義社長で99票、3位はマイクロソフトのビル・ゲイツ会長で84票。堀江被告は56票を集め、5位のホンダ創業者、本田宗一郎氏(44票)を上回った。

 アンケートを実施した高岡美佳経営学部助教授(企業文化論)は「堀江被告の上位は意外だが、若く新しいタイプの経営者出現で、学生の人生観や職業観も多様化していると考えられる」とした上で、「教員もコンプライアンス(法令順守)やコーポレートガバナンス(企業統治)教育に力を入れなければ」と話している。

→ CNET Japan

blog_ranking.gif
posted by Mts! at 01:31 | TrackBack(1) | IT関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ロングテールを拡大する」--アマゾン、委託販売を開始

アマゾンが、自費出版のインディースCDや出版物の取り扱いを開始したという記事。

アマゾンが承認した企業のみが利用可能という制限があるとはいえ、
自費出版の本や、CDが手軽に手に入るという事は一部のユーザーにとっては良い事なんでは無いでしょうか。
アマゾン ジャパンは6月12日、Amazon.co.jpにおいて、書籍やCDの委託販売を開始した。サービス名は「Amazon e託販売サービス」。自費出版やインディーズCDなど、卸が取り扱わない商品でもAmazon.co.jpで販売できるようにする。

 Amazon e託販売サービスは、出版社やメーカーなど、自社商品の販売権を持つ企業向けのサービスで、アマゾンが承認した企業のみが利用可能だ。企業はまずアマゾンに出品したい商品を登録する。すると、アマゾンが需要予測に基づいて仕入れ数を指定し、その数に応じて企業がアマゾンに商品を配送する。アマゾンは商品を自社の物流センター「アマゾン市川FC(フルフィルメントセンター)」に保管し、顧客の注文があれば通常24時間以内に発送する。

 Amazon e託販売サービスの導入により、アマゾンは取り扱う商品数を拡大できる。「(商品数の増加で)ロングテールを拡大する」(アマゾン ジャパンe託販売サービス統括マネージャーの根来香里氏)。一方、企業側は新たな販売チャネルを得ることとなる。

 Amazon e託販売サービスの利用料金は年間9000円で、企業が年会費を払い続けている間は期限なくAmazon.co.jp上で商品を取り扱う。商品が売れた場合、アマゾンは商品代金の60%を売り上げとして出品企業に支払う。

 出品できる商品はISBN(国際標準図書番号)のついた書籍、もしくはJANコード(日本商品コード)のついたCD、DVD、ゲームソフト、PCソフトなど。出品者は法人の所在地が日本国内で、銀行口座が日本にある企業、もしくは20歳以上の個人に限る。

 アマゾンの委託販売サービスは米国では10年前から開始しており、数万件の商品を委託販売しているという。日本は英国、ドイツに次ぐ4カ国目のサービスインとなる。なお、委託販売された商品はモバイルでも購入できるが、商品は新品のみの取り扱いとなっており、個人や法人が中古品を売買できる「Amazonマーケットプレイス」の対象にはならない。

 アマゾンでは、企業がアマゾンに商品を配送する際に利用できる専用の集荷サービス「Amazon e託集荷サービス」も佐川急便と組んで開始する。料金は30小口単位で1万500円となる。

 すでに247ミュージックがAmazon e託販売サービスを利用してCDを販売している。247ミュージック代表取締役社長の丸山茂雄氏は「これまで大手企業は、委託販売は小売店に大きく取り扱ってもらえないという理由で否定的な姿勢を見せていた。しかしネット上では委託品であっても、取り扱いは変わらない。Web 2.0時代で物理的な商品が増えるときに、クリエーターが最も望むスキームだ」と期待を寄せた。

→ CNET Japan


blog_ranking.gif
posted by Mts! at 01:26 | TrackBack(1) | IT関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニューヨークで行われたスパイダーマン3のロケムービーなど



スパイダーマンって続編作ってたんですね!

ちなみに、私はスパイダーマンに全然期待していなかったせいか、1、2と楽しく見れたので、続編も楽しみです。

→ ニューヨークで行われたスパイダーマン3のロケムービーなど

blog_ranking.gif
posted by Mts! at 01:17 | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ウェブ進化論
本当の大変化はこれから始まる
国家の品格 グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する
ウェブ進化論 国家の品格 グーグル―Google<br>既存のビジネスを破壊する
[価格] ¥777
[著者] 梅田 望夫
[価格] ¥714
[著者] 藤原 正彦
[価格] ¥798
[著者] 尊々木 遜尚
新着記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。