2006年06月08日

「それ、知ってます」は禁句

うわ〜「それ知ってます」って思いっきり言っちゃってました。

確かに相手の立場になって考えてみると、言い方次第だとも思いますが
次から新しい話をしたく無くなるかも。

だからと言って、知っている事を知らないと言うのも「そんな事も知らないのか?」と思われてしまうし・・・。

まぁ何事もバランスが大事という事で(笑

勉強になりました。

自戒。「それは知ってます」は禁句。

 ある日、上司と話していると、話がメイン事業の今後の展開に至った。そこで指示された戦略やアイデアが、まさに僕の実行しようとしていたこととそっくりだったため、つい僕はこう言ってしまった。

「ああ、その話なら、私が考えていたことと同じですね。」

 しまった。幸い上司は出来た人なのでこんなことで気を悪くしたりはしなかったが、言ってしまった僕はばつの悪い思いをした。あんなことを言うべきではなかった。まるで、中学生が宿題をやるように母親に叱られ、「今やるとこだったんだよ!」とむきになっているかのようではないか。

 そもそも、誰かに何かを言われて「やろうと思っていました」「それはもう知ってます」と返事をすることに、何の意味があるのか。
 例えば「ああ、この人は何でも知っている、さすがだ」となるか、「おお、ワシの考えていることが分かるとは、やるな」「これからはスーさんと呼んでくれい」となるか。

 そんな訳はない。目上からは疎んじられ、目下からは敬遠されるだけだ。「あいつは訳知り顔で生意気だ」「あの人は何でも知ってるみたいだから報告しなくていいや」。そんなところが関の山だ。誰だって、自分の話を興味深げに聞いてもらえれば嬉しい。逆に、とっておきの話を「それはもう知ってますよ」と1回でも言われたら、もうその人には話をしたくなくなるだろう。

 三国志の昔、呉の周瑜は、常に自分の思考を先回りしている孔明を最初は畏敬し、やがて害意を抱くに至った。
 また松下幸之助は、部下からの報告には、その全てに耳を傾けたと言う。たとえ、それが何度も聞いたこと、他の人が言っていたことであっても、まるで初めて聞くかのように「ほう」と身を乗り出して聞いたと言う。それゆえ、彼の元には常に新鮮な情報が入ってきて、衆知を集めることができたのだ。

 経営の神様にあやかるわけではないけど、せめて僕もいつでも「ほう、それでそれで?」と聞く姿勢を忘れないようにしよう。相手の話をさえぎらずに相槌を打とう。どこかで聞いたような話だって、実際には最後まで聞いてみないとどんなオチが待っているか分からないのだから。(この話はとくに落ちないが。)

→ 九十九式


blog_ranking.gif
posted by Mts! at 09:00 | TrackBack(0) | 勉強・スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Googleで働いてみませんか?

Googleが、様々な職種を募集している様です。

今から入っておけば、近い将来、本当に凄い事になるかもしれません。

・・・いやもうなっているか。
→ Google人材募集


blog_ranking.gif
posted by Mts! at 02:33 | TrackBack(0) | IT関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農家の恐ろしい実態 まとめサイト

2ch家庭板の「農家の恐ろしい実態」(現在タイトル「農家の暗部」)スレをまとめたブログ。

実情は本当にこうなのでしょうか?
何だか悲しくなって来ますね。
→ 農家の恐ろしい実態 まとめサイト


blog_ranking.gif
posted by Mts! at 02:27 | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「スプー」削除の舞台裏 「YouTube」にテレビ局苦慮

YouTubeの違法動画に、テレビ各局が手を焼いている。NHKは「スプーの絵描き歌」の動画削除を依頼し、米YouTubeもそれに応じたが、削除直後に同じ動画がまたアップ。いたちごっこが続くという記事。

NHKは、もっと違う所に力を注いで欲しいのですが・・・。
そこは気にする所じゃないと思いますよ。
 
米YouTubeが運営する動画共有サイト「YouTube」からこのほど、NHKの動画「スプーの絵描き歌」が削除された。NHKは「当協会の著作権を侵害している」として米YouTubeにメールで削除を要請。翌日には削除されたという。

 しかし、削除後すぐにYouTubeに同じコンテンツが再アップされ、いたちごっこの状態。フジテレビジョンなど民放局も自社コンテンツの削除に動いているが、無数のユーザーによって次から次にアップされる違法コンテンツへの対応に苦慮している。

 NHKの要請で削除されたのは、今年4月にNHK教育テレビが放映した「おかあさんといっしょ」の一部。出演者が「スプーの絵描き歌」を歌いながら、番組キャラクター「スプー」の似顔絵を描くという内容の数分間の映像だ。

 出演者の1人で「うたのお姉さん」こと、はいだしょうこさんが描いた似顔絵が「あまりにユニーク」と掲示板やブログ、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)などで話題となり、多くのユーザーが視聴した。似顔絵を模写した絵やアスキーアート(AA)、パロディー動画、ゲームなども次々にネット公開され、人気を呼んだ。
画像 はいださんのスプーを模写したアスキーアートと、スプー (C)NHK・NED

 NHKは、絵描き歌の動画がYouTubeで公開されている事実を、外部からの通報によって5月末に知ったという。「調査の結果、NHKの映像の違法な複製物であると確認した」(NHK広報局)ため、米YouTubeに5月30日に英文メールで削除を要請。翌5月31日に、削除を確認した。

 YouTubeは著作権を侵害する動画の公開を禁じており、違法コンテンツの削除フローも徐々に簡略化しているようだ。昨年12月から、 YouTubeに違法にアップされたコンテンツの削除を依頼してきたというフジテレビジョン著作権部によると、「昨年は、YouTube側の削除基準が厳しく、弁護士名でサインを入れた依頼書をFAXする必要があった。しかし今年4月ごろに削除依頼した際は、メール1本ですぐに削除してもらえた」という。
画像 絵描き歌の動画のあったURLにアクセスすると「This video has been removed at the request of copyright owner Japan Broadcasting Corporation because its content was used without permission 」(この動画は、著作権者に無断で利用されていたため、著作権者であるNHKの要請で削除しました)と表示される
削除はいたちごっこ

 とはいえ、YouTubeの動画は、1度削除して終わりではない。公開されている間に動画をダウンロードし、ローカルに保存したユーザーなどが、削除を知るなり再アップすることが多いためだ。絵描き歌の動画も、削除後すぐYouTubeに再アップされ、現在も公開されている。

 「違法コンテンツをすべて把握し、いちいち削除依頼を出すことは不可能に近い」――NHKとフジテレビはこう口をそろえる。NHK広報局は「YouTubeの動画を毎日1つ1つ確認するのは大変で、人員も足りない」とし、視聴者から通報があった場合のみ、違法かどうかを確認して削除依頼を出しているという。通報は今年に入って目立って増えているというが、増え続けるコンテンツに対応が追いつかない。

 フジテレビも手を焼く。「現状は、国内の著作権侵害対策で手一杯。当社のコンテンツをDVDにコピーし、オークションで販売するユーザーへの対応などが最優先になっている。YouTubeに次々に上がる動画をすべて監視する余裕はない」(フジテレビ著作権部)

 それでも指をくわえているわけにはいかない。フジテレビは、米国のテレビ局などYouTubeに抗議している団体の動きを注視しながら、訴訟を含めて今後の対応を検討するとしている。日本テレビ放送網も「当社の番組がYouTubeにアップされていることは、明らかな著作権侵害と考えており、削除要請も検討している」とコメントした。
YouTubeは生き残るか

 YouTubeは、今年3月には日本から212万人が訪問し、利用が急拡大している(関連記事参照)が、著作権者に無断で公開されていると見られるコンテンツも数多く、テレビ局関係者からは「なくなってほしい」という声も聞こえる。

 その一方で、放送が終了した番組の動画など、他では手に入らないコンテンツを発掘できたり、番組のプロモーションができるというメリットもあり、新たなビジネスにつながる可能性も指摘されている。

 初期のP2Pファイル交換ソフトのように、違法コンテンツをやりとりするだけのアンダーグラウンドな存在で終わるのか、何らかの新しい価値を生み出すのか――YouTubeのあり方をめぐる議論はしばらく続きそうだ。

→ ITmedia News


blog_ranking.gif
posted by Mts! at 02:23 | TrackBack(0) | 動画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松本人志が写真週刊誌を訴えた「本当の理由」

ダウンタウンの松本さんが、アダルトビデオを物色している防犯カメラの映像を掲載した「写真週刊誌」を訴えた本当の理由という記事。

この件に関しては、記事を掲載した「写真週刊誌」側にも大いに責任がありますが、映像を提供したビデオ屋にも大きな責任があると思います。

「週刊プレボーイ」も「ビデオ屋」も最低ですね。
「週刊プレイボーイ」(集英社)2006.6/5(Vol.23)号の「松本人志の怒り!」より。

(読者からの[松本さんが、写真週刊誌を相手に「裁判で勝訴」という記事を読みました。なんでも、プライベートでAVを借りているところを盗撮された」からとか。確かに、そんなことされたら腹立ちますよね!]
というメッセージに対しての松本人志さんの答えの一部です)

【この裁判はねえ、勝つには勝ったんですけど、本当に大変でした。
 もうね、ワザとやと思うんですけど、新聞やその他の報道でね、ボクのいちばん言いたかった主張が歪曲されているんですよ!
 報道の多くが「プライベートでAVを借りているところを盗撮された」ことを怒っているように書いてありましたが、違うんですよ。
 そうではなくて、写真を載せる時に「防犯カメラの記録ビデオから転載した」ことをボクは怒ったわけです。
 もし、こんなことがこれからも許されるのなら、有名人は(防犯カメラのついている)エレベーターにも乗れないし、スーパーにも行けないし、ということになってしまいますよ…。新宿なんかふつうにあちこちに設置されているので、有名人でなくても女のコと気軽に歩けなくなるでしょう。
 タレントや顔の知れた人のツーショット写真が(防犯カメラの録画映像から)流出しまくることになる。これはほっておけないというころで正式に手続きを踏んで出版社を訴えたわけです。
 今回、こういう判決が出たことによって、他の出版社もさすがに「防犯カメラの映像は使えないナ、無理やろナ」と思ってもらえたらいいんです。そうでないと、コンビニで女性タレントさんが生理用品を買った映像まで写真誌が買う恐れがあります。
 その主張が世間に理解されずに、「松っちゃんが、ビデオ借りてるところ撮られたから、怒った…」みたいに思われているのは本当に残念ですね。
 賠償金が90万円というのも微妙ですしねぇ。

(中略)

 ボクねー、このことに関しては、訴えているということも一切言わなかったんです。勝訴したこともラジオでちょっと言っただけで。よくある「宣伝」みたいに思われたくなかったので…。でも、間違った認識をもたれたままでは残念なので、ここでちゃんと言っておきたいと思います。
 ゴシックで太く書いておいてください。「防犯カメラのビデオ映像からの写真転用は訴えられるほどの悪事である」、と!
 こんなことをワイドショーとかで言ってもムダなんですよね、
 昨日、ある後輩のタレントと一緒にいたんですが、彼も写真誌にハメられたと言ってました。
 なんでも写真誌の編集者と元カノが知人で、「1回呼び出してみたら」と元カノに編集者が言ったらしいです。後輩もくやしがってました。タイミングがタイミングなのでね。
 彼には、「文句言ってもしゃーないで。記者会見でコンコンと説明しても、リポーター、なんにも聞いてないから」と教えておいてあげました。
 昔、ボクも記者会見をちゃんと開いて説明したことがあったんですけど、翌日のスポーツ紙見て、ひっくり返ったことがありましたから。重要なところ、全部カットでしたから。
 だから、嵐が過ぎるのを待って、きっちり訴えるのがいちばんいいんです。】

〜〜〜〜〜〜〜

 この最後に出てくる「後輩芸人」って、あの人のことなんだろうなあ、とか思いつつ僕はこれを読んでいたのですが、確かに、芸能人っていうのもラクじゃないだろうなあ、という気がします。一般の成人男性であれば、AVを借りても、せいぜいレジでちょっと気まずい思いをするくらいのものですからね。
 まあ、この「後輩男性」の場合は、それが「ワナ」だったとしても、引っかかってしまったのは「脇が甘い」と責められても致し方ないところでしょうが、それでも「元カノ」が写真週刊誌の編集者に利用されているかもしれないなんて、普通の人なら、思いつかないことでしょう。
 しかも、それをいくら訴えてみたところで、その釈明会見を「報道」するのもマスコミなのだから、都合の悪いところはカットされておしまい。
 松本さんのような「力のある芸能人」であれば、まだこういう形での「反論」も可能なのでしょうが、それができる人は、ごく一握りの芸能人でしかないはずで。
 そういえば、先日は橋下弁護士が「脱税疑惑」に対し、御本人のブログで反論しておられ、それが大きな話題になっていました。そういう意味では、ブログというのは、非常に大きな可能性を持ったメディアであると言えるのかもしれません。
 それでも、大新聞やニュースを観た人に比べれば、橋下弁護士の「肉声」であるブログを読んだ人は、まだまだ少数なのが現状です。

 この松本さんの「本当に言いたかったこと」というのは、まさに「正論」です。これが当事者のコメントであるということを差し引いて考えても、「防犯カメラの映像を転載する」なんて、非常識極まりない行為です。こんな映像を掲載する出版社の理性も疑いますが、そもそも、こんなふうに防犯カメラの映像が「流出」してしまうということそのものが、とても情けないことのような気がしてなりません。刑事事件ならともかく、こんなことが許されたら、本当に「常に監視されているようなもの」ですよね。「防犯カメラを設置し、管理する側」には、当然、そういう「プライバシーを守る義務」も含まれているはずなのに。
 いくら「芸能人」でも、これはたまらないでしょう。
 そして、声をあげてみても、それが「報道」されるときに「恥ずかしいところを撮られて怒った」みたいな「情報操作」をされては(いやもちろん、ちょっと恥ずかしかったのではないかとは思いますけどね、やっぱり)、せっかくの松本さんの訴えもあまり意味がなくなってしまうわけで。
 結局、こういう事件を「報道」するのもマスコミですから、都合の悪い部分は、「編集」されてしまうことも少なくないようです。

 もちろん、僕がどんなビデオを借りたかなんてことに興味がある人はいないでしょうから、現実問題として、「すべてのプライバシーが商品になる」ものではないでしょう。でも、いくら芸能人が「取り上げてもらってナンボの人気商売」だからといって、超えてはならない一線というのはあるはず。

 まあ、「AVを借りている写真」が「商品」になってしまう松本人志さんっていうのは凄いな、と思わなくもないのですけど。

→ 活字中毒R

blog_ranking.gif
posted by Mts! at 02:17 | TrackBack(2) | お笑い│面白い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米キーボード奏者ビリー・プレストン氏死去=「5人目のビートルズメンバー」

ビートルズの5人目のメンバーと呼ばれていたビリー・プレストンさんが亡くなったそうです。

ご冥福をお祈り致します。

ビリー・プレストン氏(米キーボード奏者)6日、腎不全のためアリゾナ州内の病院で死去、59歳。昨年11月から昏睡(こんすい)状態が続いていた。
 ビートルズの大ヒットアルバム「アビイ・ロード」「レット・イット・ビー」の録音に加わり、「5人目のビートルズメンバー」とも呼ばれた。
 ローリングストーンズの作品にも協力。また、シンガー・ソングライターとして「ナッシング・フロム・ナッシング」などのヒット曲がある。

→ Yahoo!ニュース


blog_ranking.gif
posted by Mts! at 02:11 | TrackBack(1) | 動画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福岡市長宅に落書き 五輪招致反対、スプレーで

「ゴリン反効」を書き終えた時に「アレ?何か違うな??」

って絶対感じたと思うんです。
7日午前9時ごろ、福岡市南区長住、山崎広太郎福岡市長の自宅の塀などにスプレーで落書きされているのを市長の家族が発見した。五輪招致に反対する内容とみられ、南署が器物損壊容疑で捜査を始めた。
 山崎市長は五輪招致運動を推進している。
 調べでは、落書きが見つかったのは高さ約2メートルのブロック塀や乗用車など。ブロック塀には赤いスプレーで「ゴリン反効」などと1文字につき約50センチ四方の大きさで書かれていた。「反効」は「反対」の字を間違ったとみられる。
 約100メートル離れた民家の外壁にも「ゴリンハンタイ」と、同様のスプレーの落書きがあった。

→ Yahoo!ニュース
posted by Mts! at 02:07 | TrackBack(0) | お笑い│面白い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Animator vs. Animation は良く作ってありますね。

20060608-01.jpg

面白いフラッシュ動画。

格闘モノでこういうの昔もありましたよね。
それも面白かった覚えがありますが、コレも作り込んでいて面白いですね。
→ Animator vs. Animation
有名クリエイターがこっそり教えるFlash作成のウラ技有名クリエイターがこっそり教えるFlash作成のウラ技
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 有名クリエイターがこっそり教えるFlash作成のウラ技
[著者] Flashクリエイター26名朝倉 鳩文AKIRA碇アンタイトル
[..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by Mts! at 00:56 | TrackBack(0) | お笑い│面白い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ウェブ進化論
本当の大変化はこれから始まる
国家の品格 グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する
ウェブ進化論 国家の品格 グーグル―Google<br>既存のビジネスを破壊する
[価格] ¥777
[著者] 梅田 望夫
[価格] ¥714
[著者] 藤原 正彦
[価格] ¥798
[著者] 尊々木 遜尚
新着記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。