2006年05月24日

iPodに映画割引クーポンを配信

2006-05-24-05.jpg

「iPod専門テレビ局・PodTVは、シネカノン配給の「青いうた〜のど自慢青春編」の割引券をiPodに配信するキャンペーンを始めた。同種の試みは国内初という。」という記事。

iPodを使ったマーケティングは今後、成長していくんでしょうか?
面白い試みですね。

「世界初のiPod専門テレビ局」をうたうPodTVは5月8日、シネカノンが配給する映画の割引券をiPodに配信するキャンペーンを始めた。PodTVによると、同種の試みは国内初。

 対象となるのは5月13日公開の「青いうた〜のど自慢青春編」。PodTVの「朝トレ on PodTV」の番組内で5月12日までPRキャンペーンを実施する。番組の最後に表示されるクーポン画像を、都内の「シネカノン有楽町」「渋谷シネアミューズ」で見せると、通常1800円の入場料が200円引きになる


→ ITmedia News:iPodに映画割引クーポンを配信
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0605/08/news030.html
posted by Mts! at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンチiPodキャンペーン「iDon't」始まる

2006-05-24-03.jpg

「人の後を追う必要はない」とiPodの独占状態に警鐘を鳴らすサイトが立ち上げられたが、そのサイトからはある「iPod対抗機」へのリンクが張られている。という記事。

こういうCMって日本ではなかなかお目に掛かれないですよね。
海外はやっぱスゴイです。

私は断然、iPod派なので「iChimp(チンパンジー)って事になりますかね。」
デザインもソフト(iTunes)もappleを上回るモノが無いという現状では、市場独占状態になるのもしょうがないと思います。

2006-05-024-04.jpg

「羊の群れ」になることに抵抗せよ――iPodによる支配からの脱却を促すキャンペーン「iDon't」がスタートした。

 「iDon't」のリンクページには、iPod以外のMP3プレーヤー情報をまとめた「Anything But iPod」、有名なMacintoshの「1984」コマーシャルのパロディー「The Royal We」などがリンクされている。また、「iSheep」(iPodを聞きながらメエーと鳴く羊)「iChimp」(君はiチンパンジー?)の画像が入ったTシャツも販売されている。

 「iDon't」サイトには、次のような宣言文が掲載されている。

すべての自由思考者、反対意見者、不満分子に告ぐ。

「i独裁」に対抗し、立ち上がる時が来た。

単調な白いイヤフォンにもあらがい、文化的服従の押しつけをはねのけよ。

制限の多いフォーマット、単一の音楽ソースという状況を打ち破る時がやってきた。

選択し、自由になり、自らを表現する――そしてすべての独立した魂が立ち上がり「iDon't」と言う時なのだ。

人の後を追う必要はない。

今や、別の選択肢があるのだ。

 このサイトの「もう1つの選択肢」(The Alternative)というページは、米SanDiskのSansa e200という製品にリンクされている。SanDiskはiPod nanoに似たデザインの携帯音楽/動画プレーヤー「Sansa e200」を今年始めに発表している。


→ Anything But iPod
http://www.anythingbutipod.com/
→ iDon't
http://www.idont.com/
→ ITmedia News:アンチiPodキャンペーン「iDon't」始まる
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0605/23/news074.html
posted by Mts! at 01:02| Comment(0) | TrackBack(1) | デジモノ・家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スクエニが女性向けSNS ゼイヴェルと新会社で

「ECサイトで販売している洋服をアバターに着せ、コーディネートを確かめてから購入できる――こんなSNSが生まれる。」という記事。

スクエニもSNSへ参入ですか。
飽和状態で、何か特化した点が無いと厳しいとは思うのですが
「このECサイトで販売している洋服をアバターに着せ――」っというのは
私的には全くピンと来ないのですが、どうなんでしょうか?

スクウェア・エニックスとゼイヴェルは5月22日、このほど設立した合弁新会社「スタイルウォーカー」で、ファッションに特化した女性向けSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を今夏に始めると発表した。

 PC・携帯両対応で、F1層(20〜34歳女性)がターゲット。アバターが利用でき、洋服を販売するECサイトと連動するのが特徴だ。会員登録すれば無料で利用できるようにし、初年度50万会員の獲得を目指す。

 アバターは、スクエニが開発したアバターエンジンを利用して作成する。アバター用の洋服アイテムはゼイヴェル提携先のファッションブランドから提供。アバターアイテムは、無料・有料ともにラインアップする。

 ゼイヴェルが運営するECサイト「girlswalker.com」などと連携し、洋服が実際に購入できるようにする。気になる服をアバターに試着させる機能や、今年のトレンドをアドバイスしてくれる「カリスマバーチャル店員」、商品を購入した別ユーザーのコーディネートを閲覧できる機能も備える。

 ファッションに関してユーザー同士で話し合ったり、友人とリンクでつながったり、ユーザーが欲しい情報を選んでユーザーページに表示したりすることもできる。

 新会社は5月1日に設立した。資本金は5000万円で、両社の折半出資した。


難しいとおもうのですが・・・。

→ ITmedia News:スクエニが女性向けSNS ゼイヴェルと新会社で
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0605/22/news029.html
posted by Mts! at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シソーラス(類語)検索

検索したキーワードの、「観点」、「同義語」、「広義語」、「関連語」、「反義語」等を表示してくれる検索エンジン。

手紙やブログ等を書くときに、重宝すると思います。

→ シソーラス(類語)検索
http://www.gengokk.co.jp/thesaurus/
posted by Mts! at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 便利ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

組み立て式会計:イケア (IKEA) の不思議な企業構造

2006-05-24-02.jpg

「ゲイツ財団なんか忘れよう。世界最大の慈善団体はイケア (IKEA) の所有者でもある――そしてインテリアデザインにご執心だ。」という記事。

ちょっと前に、日本にも第1号店をオープンさせた組み立て家具販売の「イケア」。
特集されていたTV番組を見た事があるのですが、ここの会社はすごくケチなんだそうです。すごく古い車に乗っていて「なぜお金持ちなのに古い車に乗っているんだ?」と聞かれると「私の車はまだまだ新品同様だよ。まだ○年しか経っていないんだから」※すみません年数忘れました。
と答えたそうです。

お金持ちなんだから、お金を使って下さいよ(笑

イケア (IKEA) からの組み立て式家具を組み立てるほど頭にくる作業はなかなかない。だが、この世界最大の家具小売企業の会計を連結するのに比べれば、家具の組み立て作業ですら簡単なものだ。イケアの実に見事な小売り方式については、すでにいろいろ文献がある (訳注:かなりぬるいが「イケアのローコストの秘密」などをどうぞ)。弊誌は、それに負けず劣らず驚異的な同グループの財務について調べてみた。

 そこから見えてくるのは、各国の法制度のちょっとした歪みを抜け目なく利用して慈善団体を作る手口だ。この団体はかなりどうでもいい目的を掲げており、財団としては世界で最も豊かなのに、今のところ最もケチな慈善団体の一つでもある。イケア全体の仕組みは税金と情報公開を最小限におさえ、創立者であるカンプラード一家にたっぷりと報酬をもたらし、乗っ取りに絶対あわないようにするものとなっている。そしてこれがあまりにうますぎる話に聞こえるなら、その通り。この仕組みを崩すのはきわめて難しい。こうした抜け目なさによるメリットには代償もあり、同店の創設者イングヴァル・カンプラード の後継者ですら、イケアを思い通りにはできないという大きな制約がついてくる。


→ 組み立て式会計:イケア (IKEA) の不思議な企業構造
http://cruel.org/economist/ikea.html
posted by Mts! at 00:06| Comment(0) | TrackBack(6) | インテリア関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MP3プレイヤー内蔵スニーカー「CODE M」

2006-05-24.jpg

確かに、ランニングやウォーキングの時にiPodや携帯などで音楽を聴くのは
重さが気になってしまいますよね。
でも・・・これは、かっこ悪いですね〜。
こんなの履いてるヤツは、深夜の通販番組のインストラクターぐらいだと思います。

MP3プレイヤー本体がスニーカーの中に内蔵されており、ワイヤレスヘッドホンで音楽を聴くことになります。利点としてはもちろんMP3プレイヤーを持ち歩かなくて済むということ。その分スニーカーが重くなりますが、足は腕の3倍の筋肉が付いていると何かのマンガで書いてあったので、きっと問題ないはずです。

容量は不明ですが、MP3が大体100曲分ぐらい入るそうで。どれぐらいのビットレートなのか分かりませんが…。バッテリーの寿命は6時間。肝心の曲の転送もワイヤレスなのかと思いきや、転送はUSB。しかも充電もUSB経由。ワイヤレスヘッドホンの届く範囲はスニーカーから30フィート、大体9メートル程度。

つまりスニーカーを脱いで、パソコンからUSBケーブルをのばして充電開始しても9メートル以内であればMP3が楽しめる、と。ワンルームマンション程度なら玄関から自室まで届くかも。

で、さらに将来的にはこのMP3プレイヤー内蔵スニーカー「CODE M」に携帯電話機能を持たせたり、歩数などの運動データを記録させてみたり、GPS機能を搭載させたりといろいろと考えてはいるようです。

気になるお値段は199.99ドルを予定。2万2000円ぐらい。日本でも販売するのでしょうかね?


今回のスニーカーはピントが大分ずれている気がしますが、
こういうギミック物は基本的に大好きです。

→ GIGAZINE - MP3プレイヤー内蔵スニーカー「CODE M」
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20060523_mp3code_m/
posted by Mts! at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | デジモノ・家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ウェブ進化論
本当の大変化はこれから始まる
国家の品格 グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する
ウェブ進化論 国家の品格 グーグル―Google<br>既存のビジネスを破壊する
[価格] ¥777
[著者] 梅田 望夫
[価格] ¥714
[著者] 藤原 正彦
[価格] ¥798
[著者] 尊々木 遜尚
新着記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。