2006年05月20日

落ちていたToDoリスト

image/modern-style-2006-05-20T16:21:43-1.jpg

今日、愛犬の散歩中に誰かのToDoリストを拾いました。
落とし主がしなければ成らない事が
わからなくなって困っていないかと心配しています。

しかし、おかし10000個って・・・すげぇなぁ。
posted by Mts! at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | モブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三菱 i に iPod nano を装着できる特別仕様

2006-05-20-02.jpg

「カーコンポにiPod nanoをセットしてコンポ側でコントロール出来る!」

これを実装したのは、話題の三菱「i」。
正直、スマートに似すぎでは?とも思うですが、コレはコレで良いんじゃないかと思います。

 
三菱自動車は、『i』(アイ)に、携帯音楽プレーヤー 『iPod nano』を専用スロットに差し込むだけですっきりと装着できるAV一体型HDDナビゲーションを採用した、特別仕様車「i Play Edition」を17日から発売開始した。

 今回発売する特別仕様車は、携帯音楽プレーヤーを気軽に使いこなす若者層をメインターゲットに、携帯音楽プレーヤー市場で国内シェアNO.1の iPodファミリーのうち、フラッシュメモリーを搭載した超小型軽量のiPod nanoを、簡単にすっきりと装着できる専用スロットをインパネセンター部に設定した。めんどうな操作は一切無く、iPod nanoを専用スロットに差し込み、標準装備のHDDナビゲーション画面のタッチパネルを操作することでiPod nanoに保存された音楽が楽しめる。

 また、標準装備のフロントスピーカー、フロントツィーターの4スピーカーに、リヤスピーカーを加えた6スピーカーとすることで音質の向上を図った。専用のフロントスカッフプレートやエンブレムを採用。さらにフロントマップランプやクリア色のサイドターンランプを採用した。

 ボディカラーはiPodのカラーリングと合わせたホワイトパール(有料色)、ブラックマイカの2色の設定。

 成約したユーザーには、プレミアム装備として「i」のロゴ刻印入りスペシャルiPod nano(2GB)をプレゼントする。

 価格はFFが158万5500円。


発売時期が早ければ、私も「i」を買いたかったなぁ〜。
残念です。

→ Digital Freak
http://z.la/4sovh


Apple iPod nano 4GB ブラック [MA107J/A]Apple iPod nano 4GB ブラック [MA107J/A]
販売元 : Amazon.co.jp 家電・エレクトロニクス
価格 :
[タイトル] Apple iPod nano 4GB ブラック [MA107J/A]
[ブランド] アップルコンピュータ

■商品紹介■
iPodのすべてをそのまま..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by Mts! at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | デジモノ・家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

娘が家に連れてきた不良の彼氏が結婚を迫ってきた時 父親の対応で一番多いのは



先日の「トリビアの泉」で紹介されていた
「娘が家に連れてきた不良の彼氏が結婚を迫ってきた時 父親の対応で一番多いのは」という記事。

真実を知らないのは「父親」だけ。

連れてくる彼氏の名演技ぶりは必見です。
彼の演技をクドカンが見れば「池袋ウェスト〜」の次回作で使ってもらえる事でしょう。

将来子供が出来て、自分の娘がこんなの連れて来たらもう・・・。

続きは以下リンクをご参照下さい。

→ その2
http://z.la/pbuod
→ その3
http://z.la/wnpwg



あ!そういえば5月22日(月)からクドカン脚本の昼ドラ「吾輩は主婦である」が始まりますね。
楽しみにしています。よしよし出ないかな(笑

→ 第2回放送分はこちら
posted by Mts! at 11:30| Comment(0) | TrackBack(2) | お笑い│面白い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5番街のApple Store、24時間営業で19日オープン

2006-05-20.jpg

ニューヨーク5番街にApple Storeがオープンという記事。

アップルストアがスゴイの建てちゃいました。
こりゃ〜かっこいいわ。ココに最新のapple製品がズラリと・・・。

  「ジョブズすごいよね。」

ニューヨーク5番街に約10メートルの正方形ガラス製建造物が出現。店内では100台以上のMacと約200台のiPodを展示し、アクセサリやスタッフの陣容も世界最大となる。

米Apple Computerは5月18日、ニューヨーク5番街の新しいApple Storeが19日午後6時にオープンすると正式発表した。年中無休で1日24時間の営業となる。

 場所は高級ブランド店が並ぶ5番街。セントラルパークはす向かいの一等地に、約10メートルの正方形のガラス製建造物を出現させた。

店内ではMacBookや15インチと17インチのMacBook Proをはじめ、100台以上のMacと約200台のiPodを展示するほか、アクセサリも世界最大のラインアップをそろえる。スタッフの陣容も世界最大の約300人。Genius BarとiPod Bar、The Studioではサポートやアドバイスを受けたりクリエイティブプロジェクトに利用できる。

スティーブ・ジョブズCEOは「ニューヨーク初のストアは2002年にSOHOでオープンし、期待以上の成功を収めた。今、ニューヨークで2番目となる5 番街のストア開設に胸が高鳴っている。5番街のApple Storeはニューヨーカーおよび世界中の人が訪れる人気スポットになるだろう」とコメントしている。

Appleの直営店はこれで、日本の6店を含め世界で147店となる。


でもコレって、スカートの女の人が上の階にいる時に・・・。(笑

→ 情報ソース:ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0605/19/news009.html
→ apple
http://www.apple.com/jp/


Apple MacBook Pro 2.0 Duo / 15.4 / 1G / 256V / 100G / SuperDrive / Gigabit / AMEx / BT / DVI [MA464J/A]Apple MacBook Pro 2.0 Duo / 15.4 / 1G / 256V / 100G / SuperDrive / Gigabit / AMEx / BT / DVI [MA464J/A]
販売元 : Amazon.co.jp 家電・エレクトロニクス
価格 :
[タイトル] Apple MacBook Pro 2.0 Duo / 15.4 / 1G / 256V / 100G / SuperDrive / Gigabit / AMEx / BT / DVI [MA464J/A]
[ブラ..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by Mts! at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モバイルインターネット利用者がPCを初めて追い抜く

総務省は「通信利用動向調査」を発表した。携帯やPHSなどのモバイル端末からのインターネット利用者数が、PCからのネット利用者数を初めて逆転したという記事。

私はちょっとだけFXをやっているので携帯からトレードする事もちょいちょいあるんですが、携帯でインターネットを見るのはそれぐらいです。
やっぱりPCより手軽で、どこでも見れるというのが強みになっているんですかね。
一昔前なら「携帯でこんな商品が売れる訳無い!」っと思っていた商材が売れちゃう様になっている現状を見るとこの結果にも納得できます。

総務省は5月19日、2005年末時点の「通信利用動向調査」結果を発表した。モバイル端末からのインターネット利用者数が、PCからの利用者数を初めて逆転したという。

 調査によると、個人のインターネット利用者では携帯電話などの移動端末の利用者数が前年末から1098万人増加。推計で6923万人に達しており、これはPC利用者数の推計6601万人を上回っている。なおインターネット利用者数の、推計8529万人のうち過半数にあたる推計4862万人は、 PCとモバイル端末を併用している。

 利用率を見ると、携帯電話利用率が71.9%でPC利用率の56.7%を約15ポイント上回っている。世代別に見てもほぼ同様だが「6〜12歳」だけは約37ポイントの大差で、PCが携帯より上位にきている。なお、携帯利用率は60代後半でも約5割の高い率を誇るが。PC利用率は50代で55%、 60代後半で22.7%に落ち込んでいる。「操作に相応の知識が必要なPCは、携帯電話以上に世代別デジタル・ディバイドが存在する」(総務省)
Photo

 ブロードバンド回線の利用者数は、前年末と比べて460万人増加して推計4707万人となった。光回線の利用率が6.1%から14.8%に倍増した一方、DSL回線の利用率は39.2%から34.2%へと初めて減少。企業・事業所でも同様の傾向が見られるという。

 調査は2006年1月に、全国の世帯、企業および事業所を対象として実施されたもの。6400世帯、3000企業、5600事業所に対して、郵送による調査票の配布および回収を行った。


ウィルコムのW-ZERO3が市場に与えた良い影響が広がっていくのを楽しみにしたいと思います。

→ ITmedia +D モバイル
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0605/19/news047.html
posted by Mts! at 00:00| Comment(0) | TrackBack(3) | IT関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米Google、品質の低い相互リンクサイトは登録せず

米GoogleエンジニアMatt Cutts氏、過度な相互リンクサイトがインデックスに掲載されない可能性があることを指摘という記事。

Googleのページランクを上げる効果を狙って、「自動登録リンクサイト」へ登録を推奨していたのですが、今後は日本でも全く効果無くなっていくんでしょうか?
まぁGoogleの検索結果で表示されるページの有効性が、年々下がり続けている印象なので、そういった意味では良いニュースかもしれませんね。

Googleが新データセンターBigdaddy(ビッグダディ)に移行した後、検索エンジンに表示されないと不満を漏らしているウェブマスターがいる。これに対して、米GoogleのMatt Cutts氏が同氏のブログで見解を述べた。その中で同氏は、品質の低いインバウンドリンクやアウトバウンドリンクを多数持つWebサイトが Bigdaddyに掲載されない可能性があることを指摘。

検索エンジンスパムとは呼べないが検索品質を維持する上で問題となっている、過度な相互リンクやリンク売買への対応として検索アルゴリズムの改良を図ったものと考えられる。


Indexing timeline [Matt Cutts]
http://www.mattcutts.com/blog/indexing-timeline/
posted by Mts! at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | IT関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『Google ブック検索』書籍の募集開始

「日本でもGoogleで書籍の中身をオンライン検索できるようになる」

以前からニュースになっていたGoogleの本文検索が、動き出しました。
Googleの快進撃が続きます・・・。

いつでも、どこでも、誰でもが、あらゆる言語で世界中の書籍の中身をオンラインで検索できるとしたら...そんな夢をかなえるための取組みが『Google ブック検索』です。

2004年に米国でベータサービスとして開始して以来、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、フランス語、ポルトガル語、オランダ語でも提供が始まっています。Google Book Searchのページで、“ベビーフード”(Baby Food)などの一般的なキーワードから、“聖徳太子”(Prince Shotoku)などの人名、“イワン・カラマーゾフ”(Ivan Karamazov)などの登場人物名、“アレキサンドリア図書館”(Alexandria's Library)などの建造物名、“赤方偏移”(red shift)などの技術用語まで、英語で思いつくお好きなキーワードを検索してみて下さい。検索結果ページにあるリンクをクリックすると、実際にその言葉がどのように書籍の中に使われているか、確認することができます。

全文を検索した結果からは、書籍の一部を閲覧することができます。この割合は、書籍を掲載していただく出版社や著者の皆様に決めていただきます。印刷やコピーをすることは出来ません。ブック検索は、書籍を閲覧するためのサービスではなく、書籍を見つけるためのサービスだからです。

その代わりに書籍のページには、出版社の直販サイトや、オンライン書店などへのリンクがついています。書籍の内容が気に入れば、クリック一つでその書籍を購入することが出来ます。日本でサービスを開始する時には、Googleマップでお近くの書店が見つけられるかもしれませんね。

Google で検索をしている時に、今まで存在を知ることもなかったような本が見つかるとしたら、どんなに素敵なことでしょう。Googleが提供したいのは、人類の叡智の結晶、書籍との「思いがけない出会い」です。

Google では5月11日から、出版社の方から書籍の受付をはじめました。詳細についてはこちらをご覧ください。

まだ日時はお約束できませんが、書籍が集まり次第、日本でもGoogle ブック検索を開始したいと考えています。いつの日か、世界中の誰もが書籍を見つけられる日が来ることを願って。


→ Google Japan Blog
http://googlejapan.blogspot.com/2006/05/google_19.html
posted by Mts! at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ウェブ進化論
本当の大変化はこれから始まる
国家の品格 グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する
ウェブ進化論 国家の品格 グーグル―Google<br>既存のビジネスを破壊する
[価格] ¥777
[著者] 梅田 望夫
[価格] ¥714
[著者] 藤原 正彦
[価格] ¥798
[著者] 尊々木 遜尚
新着記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。